softymo LACHESCA誕生!

イタリア語には「自由な」という意味を込めた「フランチェスカ」という
女性の名前があります。その「フランチェスカ」のニックネームとして
親しまれている言葉が「ラ チェスカ」。
メイクや汚れ、毛穴の悩みから肌を“自由”にしてあげたい。そんな願いから
「ラチェスカ」のシリーズは生まれました。悩みから解放され、美しく輝く肌へ。
「ラチェスカ」は、毛穴レスな美肌を目指す女性たちを応援しています

オイルクレンジングホットジェルクレンジング水クレンジング
商品の選び方

嶋田ちあきさん監修!クレンジングは美肌の命!毛穴汚れをしっかり落とせば化粧ノリも変わる

Point.1メイクや皮脂が落ちていないと基礎化粧品も浸透しない!?

クレンジングは、今やスキンケアの一部。美肌のために、と化粧水や美容液、
乳液などいろいろな基礎化粧品を使っても、素肌がきれいな状態でないと浸透していきません。
メイクや皮脂などの汚れが毛穴に詰まったままだと、化粧水などの保湿成分が浸透しない⇒
肌が乾燥する⇒さらに毛穴が目立つといった悪循環を生む
ことも。
まずは、しっかりとクレンジングして、毛穴の奥のメイクや皮脂まできちんと落とすことが大切。
毛穴がきれいになれば、肌質も改善され、メイクのノリや持ちもよくなります。

Point.2クレンジングの時間はお肌と心のリラクゼーションタイム

年齢を重ねても美肌を保っている人は、クレンジングの大切さを知っている人。
毎日、毛穴汚れがきちんと落ちるまでしっかりクレンジングしている人が多いのです。
クレンジングの時間はリラクゼーションタイムと考えて、好きなアロマを焚いたり、
音楽を流したりしながら、時間をかけて隅々まで丁寧にクレンジングしていきましょう。
その時間が肌をきれいにするだけでなく、心のリフレッシュにもつながり、
いつまでも美肌を保つ、輝く女性へのステップに。

監修:メイクアップアーティスト

嶋田ちあきさん

ヴィエルジュ主宰。演出家を志していた大学在学中にメイクアップと出会い、アシスタントを経て、1979年よりフリーのメイクアップアーティストとして活躍。ファッション、コマーシャルを中心に女優、モデル、タレントのメイクアップを数多く手がけているほか、執筆、化粧品関連のアドバイザー、メイクショー、テレビ出演など多方面に渡り活躍。現在、一般の方々に最新メイクとプロのテクニックをレクチャーする「嶋田ちあきパーフェクトメイクアップレッスン」や、プロのメイクアップアーティストを養成する「嶋田ちあきメイクアップアカデミー」を開講。ヘアサロン「vierge HAIR」も自らプロデュースしている。公式サイト:http://shimadachiaki.jp/

LINE-UP

毛穴レスな肌へ! シーンや使用感で選べる3つのラインナップ

タイプに合わせた商品の選び方